産直市場  産直市場TOP
 産直レシピ

 ハタハタ飯ずしの作り方   
はたはた飯ずし  それぞれの家庭にそれぞれの秘伝がありますが、ここでは、古くから本場・男鹿半島北浦に伝わる伝統的な作り方を、地元で磯料理『福の家』を営む伊藤善春が紹介します。
<材 料>
ハタハタ、米麹、かぶ、ニンジン
<作り方>
  1. はたはたの頭腹尾を取り、2センチ位の大きさに切る。
  2. 切り身を水にひたし、絶えず水を取り替えながら、約一週間、ぬめりを取り、血抜きをする。
  3. 水からあげて丸一日重石をして、更に水気をきる。
  4. 酢と塩で絞める。
  5. 重石をかい、さらに一日おく。
  6. 樽にささを敷き、はたはたの切り身、野菜(かぶ、ニンジンなど)、米麹の順に繰り返し重ねて、上まで漬け込む。(その間に、酒、塩などを加えながら味を調整。ここは、長年の経験と熟練を要する部分です。)
  7. 重石をのせて16日以上たつと出来上がり。(その年の天候や温度により食べ頃が決まります。)

戻る