産直市場TOPへ
 運営の理念

季節感のある旬の食材をお届けします!
季節感豊かな日本には、古くから「旬のものを食べる」という文化があります。それは、自然の恵みを最も美味しくいただくための知恵でもあります。一年中いつでも、どんなものでも食卓に載せることができるということが、果たして本当の豊かさと言えるのでしょうか。日本産直市場では、「旬」を最大限に意識した品揃えを行っております。

産直で素性の明らかな食材をお届けします!
近年トレーサビリティ(商品の素性を遡って明らかにすること)ということが重要視されています。これは、産地偽装が社会問題化したことによるものです。中間業者を多数経由して、流通が複雑化すると、商品の素性が曖昧になり、それが産地偽装の温床になっています。産直流通は、初めから商品の素性が明らかなので、産地偽装の入り込む余地がありません。日本産直市場は、あくまでも産地直送にこだわります。

ユニークで個性的な食材をお届けします!
全国には、まだ知られていないユニークで個性的な食材が多数存在しているはずです。日本産直市場は、そのような食材を発掘して、飲食店や消費者の皆さまにお届けします。なかなか手に入らない珍しい食材を利用することにより、飲食店は他店との差別化を図ることができます。

生産者に消費地の声をフィードバックします!
多くの生産者は、消費者の声を聞きたがっています。消費者からの声は、生産者にとって励みにもなり、また、消費者のニーズに応えた商品を作るための力にもなります。また、生産者は「井の中の蛙」になってしまい、他の産地のレベルも知らずに「うちの○○は日本一」と思い込んでしまう場合もあります。いずれにしても、消費地の実情を生産者に知らせることはたいへん重要です。

商人マインドのある生産者を育てます!
お金の回りが悪く、仕事がない田舎からは若者が姿を消し、年寄りと子供しか残っていません。しかし、補助金や公共事業に頼っていては、本当に自立した活力のある地方は育ちません。地方の生産者一人ひとりが、商人としての実力を身に付けることによって、地方の経済が潤うものと考えます。日本産直市場は、ビジネス・センスのある生産者を育て、地方の発展に寄与します。


戻る