産直市場  産直市場TOP
 ひとくち知識

きりたんぽ   
きりたんぽ 炊き立てのご飯をすり鉢で半殺しにつぶし、杉棒に巻き付けて焼き上げたもの。

 形が「たんぽ槍」に似ていることから「たんぽ」と呼ばれ、秋田県北部では古くからごく普通の家庭料理として親しまれてきました。母から子へと代々受け継がれてきた、いわば「おふくろの味」なのです。

 「たんぽ」の食べ方には、そのまま味噌を付けて食べる「味噌付けたんぽ」と、切った「たんぽ」を鶏肉や野菜と一緒にしょうゆ味で煮込む「切りたんぽ」があり、後者が秋田名物「きりたんぽ」として全国的に有名になりました。


戻る