産直市場  産直市場TOP
 ひとくち知識

稲庭うどん   
稲庭うどん製造1  秋田県稲庭に古くから伝わる干しうどん。素麺のような製法であるが、素麺よりははるかに太く、普通のうどんよりは大分細いのが特徴。

 稲庭古今事跡誌にもとづく史実によれば、稲庭うどんは、羽後の国(秋田県)雄勝郡稲庭村の佐藤市兵衛に始まると伝えられています。
市兵衛は陸奥の国(宮城県)の人でありましたが、稲庭村に移り住み、一族にその製法を伝えました。

稲庭うどん製造2  今を去ること三百余年、秋田藩主の御用を受けたと記録されています。

 稲庭うどんは、四国の讃岐うどん、名古屋のきしめんとともに日本三銘うどんに数えられるほど、おいしさには定評があります。

 おいしいうどんに共通するのは、コシのある歯ごたえ、なめらかな舌ざわり、ツルツルした味わいですが、稲庭うどんには、さらに繊細な線の細い上品さが加わります。




戻る